自営業の始め方が分かる書籍をご紹介

自営業を始める前に読んでおきたい書籍

これから自宅で自営業を始めると言う人は、始める前にそれに関する本を読んでおいたほうがいいです。今は初心者から上級者までレベルに応じていろいろな本が出ていますから、自分の知識のレベルに合わせて選ぶといいでしょう。ここで、いくつか紹介します。 「自宅で始める自営業ガイド」は、サラリーマンから独立自営業への転身の恐怖を少しでも和らげ、自営業の具体的な始め方を説明した本です。「オールカラー 個人事業の始め方」個人事業主に必要なことが全部網羅されていて、オールカラー、図解など起業初心者に分かりやすい構成の本です。「個人事業の始め方完璧マニュアル」独立に際して、あらかじめ準備しておくこと、役所への手続き、商売のコツなど、悩んだりわからないことなどを取り上げてまとめられた本です。

自営業を始める前に読んでおきたい経理関係の書籍

自営業を始めるなら帳簿や経理のことは最低限理解していないと、あとで困ることになります。そんな経理関係の書籍も、簡単なものから専門的なものまで、さまざまなものがあります。ここでも、いくつか紹介しておこうと思います。 「個人事業の帳簿のつけ方・節税のしかた」日々の経理から決算・申告までやさしくわかり、青色申告の人も白色申告の人も活用自在な本です。「一番よくわかる個人事業の経理」開業から青色申告まで経理事務がわかる。パソコンの会計ソフトを使った記帳を解説し、間違いやすいポイントをわかりやすく整理してあるので、届出も帳簿も経理事務はこれ1冊で大丈夫です。「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」経費に関する基礎知識を押さえたあと、経費で落とせる基準と落とすコツを解説している本です。画期的な節税の入門書です。